あなたを愛してくれる人結婚しますか?

「私、モテないんですよお」と公言する女性は、とてもたくさんいます。私の知り合いにも、そう言って嘆く女性がおります。しかし、私の目には、とても魅力的に見えるんですね。

そこで、よくよくお話を伺ってみると、言い寄ってくる男はたくさんいるのです、やはり。しかし、彼女自身が好きになった男から結婚を言い出されないのであれば、それは「モテる」ことにならないのだというのです。

たしかに、興味のない男から、いくら惚れられでも、嬉しくないのかもしれません。しかし、自分を誘ってくれもしない男を、追いかけまわす不毛な努力をするより、自分を愛してくれる男の人に対して、その婚活にこたえてあげるほうが、ずっと幸せになれるのではないでしょうか。

彼があなたのことを大好きなら、あなたもその愛情にちょっぴりこたえてあげればいいのです。絶対に振りむいてくれない男を、いつまでも追い求めるよりも、そのほうが幸せな結婚ができます。

私たちは、「結婚は苦痛を伴うもの」という、誤った幻想におかされています。簡単に手に入るような愛情は、嘘っぱちに見えるのかもしれません。そこで、わざわざ、自分の手に届かない人を、愛そう、愛そう、と努力するわけです。そのため、自分を好きだと言ってくれる男の人とつきあうことが、あまりに手軽でつまらない恋愛をしているように思われてしまうのかもしれません。けれども、そんなことはないんですよ。

『理想の男性と結婚するためのおの法則』という本を読むと、今まで無視してきた恋愛対象外の男の中にも、イイ男はたくさんいるはずです、というアドバイスが載せられています。もちろん、あなたを好きだという男なら、だれでも好きになれと言っているわけではありません。

相手を選別することも必要でしょう。しかし、何も考えないうちに「ごめん、私、あなたのこと好きになれないから」とか「好きな人いるから」といって、すぐに拒絶してしまうのはどうでしょうか。ひょっとすると、最高の男かもしれないのに。

あなたを好きだと言ってくれる男は、決して「つまらない男」ばかりではありませJグん。素敵な男も、たくさんいるはずです。第一、「つまらない男」だと判断した理由を考えてみてください。

本当に、彼は、退屈で、つまらない男なのでしょうか。そのように考える自分のほうは、つまらない女じゃないと言い切れるでしょうか。私の経験から申し上げますと、どんな人でも、つきあえばつきあうほど、相手の内面の深さに、「へぇ、こんなにいいところがあるんだ」と気づくばかりです。

どんな人にも素晴らしい点が、たくさんあります。せっかくあなたを愛してくれているのですから、そういう男性のことも、ちょっと考慮してあげると、結婚の可能性が広がります。

結婚相談所のおすすめ口コミはこちらが参考になります。

Read More

地方の結婚事情・結婚相談所で解決する?

農村の”嫁不足” はずいぶん以前からいわれていたことでナが、最近は、都市においても商店の後継者などでは、結婚難が増えているそうです。

サラリーマンと結婚したい女たち。そこには、働くということ、家ということ、家業の将来性など、さまざまな要素があるとはいえ、サーブリーマンの妻が本当に幸せなものかどうか、たんに職業だけでは決められないものもあると思うのですが。

とにかく、半人前の男、結婚出来ない男が増えている、そのことは、女にとっても幸せなことではありません。男も花ムコ学校に通うのは、いいことです。結婚の意味や、結婚後の生活について、男もまた学ぶ時代なのです。

男は仕事さえ出来ればいい時代ではなくなりました。そういう明治以来の”男はソト”で立派でさえあれば、家の中の生活のことは赤ん坊であってもいい、とする考え方を否定する時代になったことは、本来の夫婦の姿に一歩近づいたということでしょう。

いま現実に、結婚年齢はあがっています。晩婚化が進んでいます。一九七五年(昭和五十年)の男性の結婚年齢は、男二十七・〇歳、女二十四・七歳だったのが、一〇年後の一九八五年には、男二十八・二歳、女二十五・五歳になりました。一〇年の間に、男女とも一歳あがったことになります。

先の短大生の希望では、七割以上が二十五歳までに結婚したいと答えているのですが、今後は、二十五歳までに結婚するのは、少数派になるかもしれません。

そのぶんだけ、決断力に欠ける男性や、親の干渉に負ける男性が増えているとの見方も出来るかもしれませんが、私はむしろ女性の男性を見る目が厳しくなったと喜んでいます。

女性も、結婚しないことへの圧迫や恐怖を捨てて、二十代になすべき修業に励む、男性もウカウカしていられない、これは男女の平等のうえでも、喜ばしいではありませんか。少なくとも、結婚へのあこがれや、好きな人と一緒にいたいという夢だけで結婚するのは、初婚年齢があがるにつれて減っていくように思います。

自分の仕事や、働くと’いうこと、社会の仕組み、政治の流れ、世の中の動き、そういうことに、敏感な女性が育って、きっちりした人生設計を持って結婚する。とくに仕事を続けたい女性は、職場内での自分の立場をしっかりさせてから結婚する、そのことが大切だと思うのです。

Read More

結婚相談所の口コミを信用する?

なんでも話しあえて、お互いを認めあえる人- 王子さまの条件それでは、短大生たちは、〃理想とする結婚相手の条件”をどのように考えているでしょうか。一五項目用意して、どんな条件を求めるか、番号をあげてもらいました。

ダントツの一位は、『なんでも話しあえる』でした。九四パーセントです。どんな順位になったか列記してみましょう。( )内の数字は、合わせて、親は、どのような条件を求めているかをきいたもので、本人と(本人が考える)親との意識のズレが見えていて、なかなか興味深いものがあります。

― あなたの理想とする結婚相手の条件は、次のどれでしょうか。また、あなたの親は、どのようなものを求めていると思いますか

・なんでも話しあえる 94(37) %
・お互いの人格を認めあえる 91(40)%
・思いやりがある 89(37) %
・優しい 86(49)%
・安定した会社 53(80) %
・自分のことは自分で出来る 51(21) %
・妻の働くことに理解ある 44(14) %
・将来性がある 43(70)%
・背が高い 33(3)%
・給料が高い 32(33)%
・家事・料理・育児にマメ 27(11) %
・長男でないこと 20(27)%
・(ンサム 11(4)%
・学歴がいい 5(27)%
・家柄がいい 3(18)%

この結果を見ると、理想の相手の条件は、『なんでも話しあえて、お互いの人格を認めあい、思いやりがあって、優しい、そして安定した会社に勤めていること』。

この話しあい、人格、思いやり、優しさ、勤めの安定、が五大条件といえます。よく、三高、背が高くて、学歴が高くて、給料が高い、この三つの高さが理想なんぞといいますが、きょうびの短大生は、そんなエゲツない回答はしていません。

まず精神的な領域での充足を得る結婚、その次に経済的な安定や将来性。背丈とか見てくれなど次元の低い話は興味ない、そんな結果です。ところが、親が求めるであろう相手となると、断然”安定した会社” とか”将来性がある”など、外側の条件が高くなります。

これは、親が願うであろうということで、娘の本心がチーフチーフしているのか、親は本当にそう思っていると確信しているのか、この調査だけではわかりませんが、あまりの結果のズレに考えされられるものがあります。

Read More

結婚相談所を無料で活用する

考えてみると、女の一生は、年齢に支配されているような気がします。もうトシだから、結婚でもそろそろ… … 、売れ残ると困るから… … 、一時期”クジスマスーケーキ″ というのがはやって、二十四までは高く売れる、二十五過ぎると買い叩かれるか、大バーゲン、そんな言い方があったものです。冗談じやないですネ、まったく。

それもこれも、出産と結びついた考え方なのでしょう。三十過ぎてのお産はアブナイ、ダウン症などの発生率が高くなる、早く結婚して早くお産して… … 。女は、結婚年齢と初産年齢に追われてしまいます。

もっとトシをとると更年期、ここでもまた否応なくトシを意識させられて…… 、いつもいつも年齢がニラミをきかしている。古来日本には″長幼の序”というものがあり、年齢を意識する社会なんですね。若い人の婚活バーなんかも、中年まっ只中の私なんぞから見れば、ええっと信じられないほどに、厳しいものがあるようです。

結婚適齢期なんぞという言葉も、そんなものあるの日本だけだっていうし、トシを意識せざるをえない社会、同年齢の者は同じようなことしなきゃならない社会って、息が詰まりそうです。大学だってそうですね。同じような年の子たちだけが集まっている。

違っていても二、三歳のもの、これもトシの管理なんですね。先日、テレビでアメリカ映画「結婚相談所 ランキング」を見ていたら、主人公がこんなセジフをいってました。

「大学に行きたかったけど、働くことにしたよ。大学はいつだって行けるからね」大学はいつだって行ける……、ここが日本との大きな違いだ、私は本当に考えさせられたものです。大学の入試制度をはじめ、結婚相談所では″可能性”がいつもあることが社会のモラルなんですね。

日本の場合は、タテマエはいつでも大学へ行けることになってはいるけれど、現実にはいったん社会に出たら、なかなか行けるものではありません。同年齢で集団を作る社会の特質が一番現れているのが”適齢期”つて言葉なんです。

私は、この本を書くために、『結婚相談所に関するアンケート』をしました。相模原市に住む短大生二〇四名が対象です。なぜこの学校に乙たかというのには、さほど大きな理由はなくて、大都市近郊の住宅街にある大学という意味でI平均的な現代娘が揃っているかな、という程度の理由です。ですから、必ずしも全日本の若い娘を代表した意見だとはいえないのですが、それでも一応の目安にはなるでしょう。

その中で、「あなたは何歳くらいで結婚したいと、思いますか」という質問をしてみました。この人生のトバくちにいる彼女たちは、どう答えたでしょうか。結果を見て、私も本当にびっくりしました。なんと、約四分の一の二三パーセントが「二十三歳までに」と答えています。そして約半分の四九ハーセントが「二十四か五歳まで」と答えています。合わせると、七割以上が、二十五歳までに結婚したいのです。

Read More