結婚相談所の口コミを信用する?

なんでも話しあえて、お互いを認めあえる人- 王子さまの条件それでは、短大生たちは、〃理想とする結婚相手の条件”をどのように考えているでしょうか。一五項目用意して、どんな条件を求めるか、番号をあげてもらいました。

ダントツの一位は、『なんでも話しあえる』でした。九四パーセントです。どんな順位になったか列記してみましょう。( )内の数字は、合わせて、親は、どのような条件を求めているかをきいたもので、本人と(本人が考える)親との意識のズレが見えていて、なかなか興味深いものがあります。

― あなたの理想とする結婚相手の条件は、次のどれでしょうか。また、あなたの親は、どのようなものを求めていると思いますか

・なんでも話しあえる 94(37) %
・お互いの人格を認めあえる 91(40)%
・思いやりがある 89(37) %
・優しい 86(49)%
・安定した会社 53(80) %
・自分のことは自分で出来る 51(21) %
・妻の働くことに理解ある 44(14) %
・将来性がある 43(70)%
・背が高い 33(3)%
・給料が高い 32(33)%
・家事・料理・育児にマメ 27(11) %
・長男でないこと 20(27)%
・(ンサム 11(4)%
・学歴がいい 5(27)%
・家柄がいい 3(18)%

この結果を見ると、理想の相手の条件は、『なんでも話しあえて、お互いの人格を認めあい、思いやりがあって、優しい、そして安定した会社に勤めていること』。

この話しあい、人格、思いやり、優しさ、勤めの安定、が五大条件といえます。よく、三高、背が高くて、学歴が高くて、給料が高い、この三つの高さが理想なんぞといいますが、きょうびの短大生は、そんなエゲツない回答はしていません。

まず精神的な領域での充足を得る結婚、その次に経済的な安定や将来性。背丈とか見てくれなど次元の低い話は興味ない、そんな結果です。ところが、親が求めるであろう相手となると、断然”安定した会社” とか”将来性がある”など、外側の条件が高くなります。

これは、親が願うであろうということで、娘の本心がチーフチーフしているのか、親は本当にそう思っていると確信しているのか、この調査だけではわかりませんが、あまりの結果のズレに考えされられるものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>